BLOG - 【Cubase Essential 4 使い方 その1】Cubase Essential 4について

【Cubase Essential 4 使い方 その1】Cubase Essential 4について

カテゴリ : 
DTM » Cubase Essential 4
執筆 : 
webmaster 2013/8/4

会社の先輩ががProToolsを買ったという事で譲り受けました。ライセンスキーもちゃんとあります。

Cubase Essential

モバイル用リンク:Cubase Essential 4 通常版

 

せっかく譲り受けたので、Cubase Essential 4を使って勉強しながら、記事を書いていこうと思います。

まずは、Cubaseについて。いろいろバージョンがあるのは知っていたけど、どれだけあるのか調べてみました。上からおよそ新しい順です。

■Cubase 5 シリーズ
Cubase 5
Cubase Studio 5
■Cubase 4 シリーズ
Cubase 4
Cubase Studio 4
Cubase Essential 4
Cubase AI 4
Cubase LE 4
■Cubase SX シリーズ
Cubase SX3
Cubase SL3
Cubase SE3
Cubase SX2
Cubase SL2
Cubase SX1
Cubase SL1
Cubase SE1
Cubase LE
■Cubase VST シリーズ
Cubase VST 5.0 / 32
Cubase VST 5.0 Score
Cubase VST 5.0
Cubase TDM
Cubasis VST / 24
Cubasis VST Score
Cubasis VST
■Cubase シリーズ
Cubase 2.0
Cubase Audio
Cubase Score
Cubase

(上記は Wiki Pedia 情報)

 

一度、Cubase VST 5.0を使っていた時期がありました。TASCAM US-428を買うと付いてきたバンドル。当時Windows ME時代だからな縲懊€怐Bこんなに進化しているとは思わなかった。

おそらく、まず初代Cubaseがあって、楽譜対応やオーディオ高機能版がでて、バージョンアップ。
VSTシリーズに進化を遂げVST規格対応。楽譜作成を強化したバージョンや、24bit、32bit録音対応がでる。
SXシリーズに進化を遂げ、バンドル用のCubase SE1、Cubase LE。SL1を始めに2、3とバージョンアップを重ねる。
SX→SL→SEの順にグレードが区別されており、オーディオエンジンの性能だったり、機能が若干制限されていたりとかあるのでしょう。SXシリーズまで進化を遂げた後、Cubase 4に進化。
LE4とAI4バンドル用。Cubase4→Studio4→Essential4の順にグレードが区別されており、コレもまた機能制限だったり。
その後2009年3月に入り、Cubase 5シリーズを国内リリース。これも、Cubase5とStudio5に区別されてグレード分け。

おそらくこんな感じで進化してきたんだろうな縲怩ニいう所感。

今回使うのはCubase Essential4。Cubase 4シリーズだから、少し型落ちだけど、まぁ、まだ使えるバージョンですな。

Cubase 4 シリーズをもう少し詳しく調べてみるとします。

性能比較表というのがステインバーグのホームページにありました。(PDFです)
http://japan.steinberg.net/fileadmin/redaktion_japan/JPN_Cubase_Feat_Comp4.pdf

分かるところ、分からないところはありますが、個人的に感じた大きな違いを。

製品名 オーディオトラック数 MIDIトラック数 FXチャンネル数 同時出力チャンネル数 録音Bit ミキサー数
Cubase 4 無制限 無制限 64 256 16bit / 24bit / 32bit 3
Cubase Studio 4 無制限 無制限 64 128 16bit / 24bit / 32bit 2
Cubase Essential 4 64 無制限 8 16 16bit / 24bit 1
Cubase AI 4 48 64 8 16 16bit / 24bit 1
Cubase SE 4 48 64 8 16 16bit / 24bit 1

※AIとSEは表では同じですが、細かいところでAIのほうが高機能です。

ざっくりとはこのくらいですかね。

そのほかにも細かいところが沢山あるんですけどね。プラグインの種類、数だったり、プリセットされている設定の数だったり、楽譜印刷機能だの、ビデオ機能だの、機器のコントロール機能だの、5.1ch対応だの、細かいエディア部分だったり。

ホントその他諸々です。

でも、エフェクトってそんなにつかいますか?私はダイナミクス系とリバーブ系しかつかいません。

稀に使うのが、Distortion系とコーラス系。もちろん、種類は少なくとも入っていますからね。
エフェクトの種類・操作性・編集性には大きな差が出ていますが、実際の録音・再生に関するところ、音質的なところはあまり大きな違いが無い様に感じます。

トラック数の制限を受けていますが、Essentialの数でも十分だと思います。気になるとすれば、同時入出力チャンネル数。
24有ればよかったなーと。今までバンドで録音作業をしていて、16ch超えることはあまりなかったんですがね。ミキサー数も2つほしいですね。使い方は想像でしかないんですが、INPUTのミキサー、OUTPUT用のミキサー、モニター用のミキサー(トークバックだったり)とかわけれるのかな?

ダイナミクス系のエフェクトはかけて録音したいので、INPUT用のミキサーは欲しいところですね。

でも、Cubase Essentialでもそれなりのことができるんだなーと実感はしました。実は未だにMTRで
作業しているところもあるんですが、将来的にはCubase 5 StudioあたりでそれなりのDAW環境を作りたいなとは考えています。

しばらくはコレで勉強がてらつかっていってみようかと思います。

 




  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (30680)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ssl-music.com/modules/d3blog/tb.php/21

新しくコメントをつける(Spam防止の為、管理者の承認が必要となります)

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。

また、相互リンクも歓迎いたします。詳しくは「リンクについて」をご参照ください。
高すぎだろ!?超高価機材
Neve England 1081 Classic 2ch
 
BLOGカテゴリ一覧
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
メインメニュー

更新履歴(最新12件)
・2014-08-25 歌からの作曲を追加しました。
----------
・2014-08-04 ピックアップの不思議!エレキギター(ベース)の音がでる仕組みを追加しました。
----------
・2013-09-17 エンハンサー(エキサイター)とは?を追加しました。
----------
・2013-04-20 リンク集に「ピアノ初心者NAVI~5つの上達ポイント」様を追加しました。
----------
・2013-03-05 レコーディング入門:リバーブのパラメータと使い方を追加しました。
----------
・2013-02-25 【レビュー】SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) / SHR-1n Blackを追加しました。
----------
・2013-02-12 リンク集に「エレキギター演奏弾き方ガイド」様、「メタリカ-アルバムレビュー!!」様を追加しました。
----------
・2013-02-04 ギター/ベース脱初心者!指のストレッチのコンテンツを追加しました。
----------
・2013-01-24 リンク集に「Bugs Faction」様を追加しました。
----------
・2013-01-22 更新履歴ページを作成しました。
----------
・2013-01-08 リンク集に「バンド集客 - 作曲 - ライブ @たぁっくのページ」様を追加しました。
----------
   ゆっくりと記事を更新していきます。(最終更新:2013-02-04)
----------
更新履歴一覧