BLOG - 【Singer Song Writer(SSW)8.0 使い方 その5】音色の指定方法

【Singer Song Writer(SSW)8.0 使い方 その5】音色の指定方法

カテゴリ : 
DTM » SingerSongWriter
執筆 : 
webmaster 2009/6/30

今回はSingerSongWriterの打ち込みでの音色の指定です。

いくら音符が入力できても、「ベースの音」とか「ギターの音」とか指定できないと曲は仕上がりません。

MIDI音源によって、音の数や種類は左右されてしまいます。
たとえば、SC-88の音源を駆使して使って打ち込みをしたデータを別の音源で再生しようとしても、できない場合があります。これは、お互い再生できる音の種類が違うからです。

どの音源を使っても同じ音で!を望む場合にはGM音源を使います。GM音源とはGeneralMidiという規格で、この基準で作成された音を使うと、GMに対応している機器で再生ができるようになります。いわば、共通の音色と言ってよいでしょう。

 

難しい話はここまでにして、音色の選び方です。私がいつもやっているやりかたは、スコアエディタ上で音をしていします。

まず、?のところで、Toneを反転状態にします。こうすることで、?に「Tone」と表示されます。
?の箇所をダブルクリックするとトーンマップという別画面が表示されます。

現在(初期)はピアノの音です。先ほど記述した、「GM音源」は「Module」という箇所で指定されています。
SingerSongWriterは初期はGM音源が選択されています。

この画面で、PickBassの音を指定したかったら、「35番」をダブルクリック。
Distortionギターの音が指定したかったら、「31番」をダブルクリックします。また、この画面では視聴が可能ですので、クリックすると、その音のサンプル音を聞くことができます。

今回はPickBassを指定してみます。

1Trackの2小節目縲弃ickBassの音が出るように指定しました。

これで、音符を入力していき再生するとベースを演奏してくれるようになります。




  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (18523)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ssl-music.com/modules/d3blog/tb.php/16

新しくコメントをつける(Spam防止の為、管理者の承認が必要となります)

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。

また、相互リンクも歓迎いたします。詳しくは「リンクについて」をご参照ください。
高すぎだろ!?超高価機材
BLOGカテゴリ一覧
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
メインメニュー

更新履歴(最新12件)
・2014-08-25 歌からの作曲を追加しました。
----------
・2014-08-04 ピックアップの不思議!エレキギター(ベース)の音がでる仕組みを追加しました。
----------
・2013-09-17 エンハンサー(エキサイター)とは?を追加しました。
----------
・2013-04-20 リンク集に「ピアノ初心者NAVI~5つの上達ポイント」様を追加しました。
----------
・2013-03-05 レコーディング入門:リバーブのパラメータと使い方を追加しました。
----------
・2013-02-25 【レビュー】SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) / SHR-1n Blackを追加しました。
----------
・2013-02-12 リンク集に「エレキギター演奏弾き方ガイド」様、「メタリカ-アルバムレビュー!!」様を追加しました。
----------
・2013-02-04 ギター/ベース脱初心者!指のストレッチのコンテンツを追加しました。
----------
・2013-01-24 リンク集に「Bugs Faction」様を追加しました。
----------
・2013-01-22 更新履歴ページを作成しました。
----------
・2013-01-08 リンク集に「バンド集客 - 作曲 - ライブ @たぁっくのページ」様を追加しました。
----------
   ゆっくりと記事を更新していきます。(最終更新:2013-02-04)
----------
更新履歴一覧